読売ワークシート通信

読売ワークシート通信は、「読売新聞」と英字紙「The Japan News」のニュースから社説・コラムなどのさまざまな記事に、問題と解答記入欄をつけたワークシート教材で、そのまま教室で使えます。小中高校の先生に無料で提供しています。
毎週水曜日、国語、社会、英語などの教科や難易度の異なる5枚をセットにして、このサイトにアップします。同時に、内容やパスワードを電子メールで案内しますので、サイトからダウンロードしてご活用ください。
「読売KODOMO新聞」「読売中高生新聞」の記事も使い、幅広い学年に合うよう工夫しています。

読売ワークシート通信の特徴

写真でビジュアル
プロが撮った写真は子どもたちをあきさせません。
タイムリーな記事
今、社会で何がおきているのか。教科書にはない「今」にふれることができます。
専門家が監修
NIEの専門家が監修しています。新聞活用のしかたを学ぶのに役立ちます。
自分の考えを書く習慣がつく
意見をみんなで発表しあうための素材にもなります。

監修者からの声

読売新聞東京本社 NIE企画デザイナー 鹿野川 喜代美
読売新聞東京本社 NIE企画デザイナー 鹿野川 喜代美

「新聞で、子どもの世界が広がる」 現職に就く前は、中学校の主に国語の授業で35年間、新聞を活用してきました。
特にNIE エヌアイイー(Newspaper in Education)に出会ってからの20年間は、様々な方法で授業を展開しました。卒業目前、生徒に行ったアンケートで「どんな力がついたか」の質問には、「語い力」や「読解力」以外に、「世界を知る力」「平和を考える力」「美しい言葉を感じ取る力」「新聞を比較して真実を探し出す力」「自分に何が出来るか、考える力」等々。教師のねらいをはるかに超えた回答が寄せられ、新聞を学習に取り入れることの意義を再確認しました。
学校の学びを、社会生活に生かせる力にするために、情報満載の新聞は欠かせません。まずは社会の「今」を多角的に切り取り、読みやすく作成した「読売ワークシート通信」を入り口に、新聞に親しむことから始めてみませんか。
教科書では、なかなか学習に興味を示さなかった子どもが、話題のきっかけをつかみ、意欲的に取り組み始めます。社会の一員としての自覚と共に、子どもの世界が広がっていきます。

申し込みはこちらから

読売ワークシート通信は読売教育ネットワークの一部です。教育ネットワークに参加登録したうえで、ワークシートの配信をお申し込みください。
配信先アドレスの変更、配信停止をご希望の方はこちらをご覧ください。
毎週水曜日の朝、サイトとメールで提供します。 教育機関でのご利用に限らせていただきます。
  • ※海外からのお申し込みは原則として日本人学校、補習校に限らせていただきます。
読売ワークシート通信に関するご質問はこちら
TOP