読売ワークシート通信

読売ワークシート通信は、「読売新聞」と英字紙「The Japan News」のニュースから社説・コラムなどのさまざまな記事に、問題と解答記入欄をつけたワークシート教材で、そのまま教室で使えます。小中高校の先生に無料で提供しています。
毎週水曜日、国語、社会、英語などの教科や難易度の異なる5枚をセットにして、このサイトにアップします。同時に、内容やパスワードを電子メールで案内しますので、サイトからダウンロードしてご活用ください。
「読売KODOMO新聞」「読売中高生新聞」の記事も使い、幅広い学年に合うよう工夫しています。

読売ワークシート通信の特徴

写真でビジュアル
プロが撮った写真は子どもたちをあきさせません。
タイムリーな記事
今、社会で何がおきているのか。教科書にはない「今」にふれることができます。
専門家が監修
NIEの専門家が監修しています。新聞活用のしかたを学ぶのに役立ちます。
自分の考えを書く習慣がつく
意見をみんなで発表しあうための素材にもなります。

監修者からの声

読売新聞東京本社 NIE企画デザイナー 鹿野川 喜代美
読売新聞東京本社 NIE企画デザイナー 秋山 純子

「新聞で学ぶ ~「新聞」は社会とつながる生きた教材~」 38年間の教職にあって、授業をはじめ、様々な場面や機会に、新聞を活用してきました。学校図書館や教室に、複数の全国紙を配置し、新聞との出会いの機会を工夫していくと、生徒たちの言葉の力や社会への関心度は次第に高まっていきました。
「読売ワークシート通信」を授業等で活用していた勤務校での出来事です。ある日の放課後、一人の生徒が語りかけてきました。手には一枚のワークシート通信をもっています。「女性が働くのは大変なことなんですね」と言うではありませんか。そのワークシートの記事は、働く女性について取材をしたものでした。ワークシートの設問に答えながら、社会に眼を向け、考えを深めていく生徒の姿がそこにはありました。女性の社会進出について、時間を忘れて話をしたことを思い出します。
 新聞は、子どもたちと社会をつなぐ生きた教材です。社会の「今」を多角的に切り取り、読みやすく作成した「読売ワークシート通信」を入り口に、新聞に親しむことから始めてみませんか。子どもたちの世界は広がっていきます。

申し込みはこちらから

読売ワークシート通信は読売教育ネットワークの一部です。教育ネットワークに参加登録したうえで、ワークシートの配信をお申し込みください。
配信先アドレスの変更、配信停止をご希望の方はこちらをご覧ください。
毎週水曜日の朝、サイトとメールで提供します。 教育機関でのご利用に限らせていただきます。
  • ※海外からのお申し込みは原則として日本人学校、補習校に限らせていただきます。
読売ワークシート通信に関するご質問はこちら
TOP