【令和4年度】SDGs@スクール チャレンジ校を募集します

チャレンジ校には毎年2回、タブロイド形式の教材「読売SDGs新聞」を配布します

 読売新聞教育ネットワークでは国連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)の実践活動に取り組む学校を応援しています。令和4年度のメンバー校として登録して「SDGs@スクール チャレンジ校」に加わりませんか。メンバー校には副教材として活用できるタブロイド形式の「読売SDGs新聞」を年2回、お届けします。また、趣旨に賛同する企業とのタイアップによる出前授業や、オリジナル教材などのお届けも予定しています。

 

 児童・生徒の皆さんによる、SDGsの実践活動をお寄せください。学校の取り組みは毎月第1水曜日掲載の読売新聞朝刊「SDGs@スクール」や教育ネットワークのWEBサイトで紹介していきます。テーマは「じぶんごとからはじめよう」。令和3年度には、自分たちで育てた花を地域の人にプレゼントし小学校や、近くの海岸の漂着ごみを調査した中学校などの活動が寄せられました。小さなことでも、自分たちの手で、身の周りのことから始められる活動のきっかけにしてみませんか。児童・生徒の皆さんの活動は、探究の授業の題材や夏休みの自由研究などにも最適です。ぜひ、お気軽に取り組みをお寄せください!

 

 登録や活動に関する費用は無料です。申し込みには教育ネットワークへの参加登録が必要ですので、担当の先生がご登録の上、お申し込みください。

 

>>お申し込みはこちら

 

(2022年3月14日 12:50)
TOP