野村ホールディングス「体験型出張授業」

<対象>

中学生

 

<主な教科、領域>

社会科・道徳・総合学習

 

<授業のねらい>

体験型授業を通して私たちの生活と「お金」、「経済」との関わりを学ぶ。

プログラムを通じて子どもたちが理解しておくべき金融リテラシーを育む。

 

<主な内容>

■投資って何?

「投資」の役割を中学生の身近な生活から考え、次に社会で行われている「投資」に発展させます。グループワークによる投資先選定を通じて、社会・企業の動きを理解するだけでなく、自立した個人として必要な「意思決定力」を育みます。

授業時間:50分×2

 

■授業構成

導入)「投資」の本質的な意味について考える

展開1)4社の電力会社(A/太陽光発電、B/風力発電、C/海洋温度差発電、D/地熱発電)の社長のプレゼンを視聴、投資家になってどの会社に投資するのか決める

展開2)証券会社の役割、投資の社会的な意義

まとめ)意思決定の重要性と中学生へのメッセージ

 

<対応可能な時期>

相談に応じます

 

<対応可能な地域>

全国

 


これまでの授業

■2015年4月20日/東大阪市立柏田中(大阪)2年生78人/5企業

 >>「投資について考える」(会報5号)

(2017年6月 6日 08:29)

応募する

※応募するには参加登録・ログインが必要です

TOP