大学入試に出る!読売新聞

 例年、読売新聞や英字紙「ジャパン・ニューズ」などの記事が大学入試問題で多く取り上げられています。試験科目は小論文や国語、英語などの文系科目が中心。大学や短大、大学院の入試など様々な試験問題で引用されています。

 2016年度に読売の記事を引用した試験問題は243件、大学数は151校でした。弘前大学や広島大学、大阪府立大学など国公立大、早稲田大学、慶應義塾大学、青山学院大学、立命館大学、関西学院大学などの私立大と、様々な大学が取り上げています(読売新聞、学研教育みらい調べ、2016年7月8日現在)。

出題傾向

 記事の種類別の件数は、ニュースを扱った一般記事40件、コラム・連載35件、社説20件、寄稿12件で読売新聞が114件、さらにジャパン・ニューズが118件と、今年も多くの記事が取り上げられました。中でも、英語の科目を中心にジャパン・ニューズを引用した出題は例年多く見られます。また、出題科目別の件数は、小論文が74件、英語117件、国語37件、その他の科目15件でした。特に小論文や英語で多く引用されています。では、どのような記事が、どのような大学で取り上げられているのか、大学の種別、入試問題の科目別、記事の種類別にご紹介しましょう。

大学の種別に見た出題校一覧(それぞれPDFがダウンロードされます)
記事の種類別に見た出題校一覧(それぞれPDFがダウンロードされます)
科目別に見た出題校一覧(それぞれPDFがダウンロードされます)
過去の出題校一覧(それぞれPDFがダウンロードされます)
TOP