東京海上日動火災保険「みどりの授業」

<対象者>

小学校4年生~6年生、特別支援学校高等部


<主な教科、領域>

理科、社会(地域に於けるエコ活動推進の観点で)、総合学習


<プログラムのねらい>

1999年から実施している「マングローブ植林活動」を題材に、地球温暖化防止や生物多様性について楽しみながら学ぶ、小学校・特別支援学校の児童・生徒向けの環境啓発授業です。マングローブの鮮やかな映像を使用し、クイズや植林経験者の体験談などを交えながら説明します。生徒・児童の皆さんには本物のマングローブの種や苗に触れて頂き、授業の終わりには女子社員の制服を再利用して作った「土に還る植木鉢」をプレゼントします。


<プログラムの内容>

■45分または90分の授業をご用意しています。

■構成は概ね以下の通りです。授業は映像の視聴やクイズを交えながら、「講義+対話」形式で実施します。


1. マングローブとは

マングローブの特徴について、クイズを織り交ぜながらご説明します。


2. マングローブの役割

地球温暖化、光合成、食物連鎖、防潮効果とマングローブとの関わりについて学びます。


3. 地球のためにできること

マングローブが減っている理由と、マングローブ植林活動について説明します。また、児童・生徒の皆さんが取り組める身近なエコ活動について話し合います。


4. 今日のおさらい

授業のおさらいと共に、当社制服をリサイクルして作った「土にかえる植木鉢」をクラスに1個プレゼントし、資源の再利用についての理解を深めます。


※講義は東京海上グループの社員・代理店ボランティアが実施します。

※実施は無料です。

※授業を行う学校ではパソコン・プロジェクターをご用意いただきます。

※授業実施日の約1ヶ月前に、先生と事前の打ち合わせを実施させていただきます。


<対応可能な時期、回数>

応相談(時期や回数は調整させていただく可能性があります。)


<対応可能な地域>

応相談

(2015年3月10日 10:06)

応募する

※応募するには参加登録・ログインが必要です

TOP