MyScope 38.万博への思い

愛知万博の土産品。マンモスの牙が入ったケース付きストラップ(赤いひも)は特にお気に入りだ


38.万博への思い


実践女子大学2年 遠藤花連

 

 15年前、愛知万博(「愛・地球博」)が開かれたとき、名古屋に住んでいた私は、祖父母や両親に連れられ、何度も万博の会場を訪れた記憶がある。
 広大な敷地に参加国や企業のパビリオンがひしめき、異国情緒あふれる空間に興奮したものだ。
 私は、世界各国のあいさつが一覧になった辞典を持って、会場内を走り回った。
 「グーテンダーク!」
 ドイツ館のお姉さんにそう言うと、彼女は驚いたような顔をした後、にっこりと笑いかけ、投げると空中で形が変わるボールを私にくれた。
 また、シベリアで発掘された冷凍マンモスの展示を見たときは、その迫力に圧倒された。
 さらに、トルコのアイス「ドンドルマ」は、職人たちが容器に長い棒を入れて、アイスクリームをビヨーンと伸ばすパフォーマンスが面白く、家族に毎回、ねだって買ってもらっていた。
 万博が閉幕したときは、涙が出るほど悲しかった。それくらい私は会場に通った。母は、1970年開催の大阪万博の思い出が忘れられず、私にも同じ経験をしてほしかったという。
 先日、たんすの奥から当時の土産品が出てきた。一つ一つの思い出が、私の中で駆け巡り、懐かしくてたまらなくなった。
 2025年には、大阪で再び万博が開かれる。そのとき、私は社会人になっているはずだ。愛知万博と同じような感動をまた味わえるだろうか。5年後の未来に思いをはせている。



37<<

 

(2020年9月16日 16:05)
TOP