MyScope 5.普段の自分

       

 学生新聞「キャンパス・スコープ」のメンバーが自身の日常や思いをつづります。


5.普段の自分


昭和女子大学2年 西浦菜々子

 

 「スピーチでは、いつもの自分がすべて出てしまう。良いスピーチをしたいなら、普段の生活を見直すことが大切だ」

 スピーチの方法を学ぶ大学の授業で、担当教授が教えてくれた。

 人前で話すと緊張する私は、さっそく教授の言う通りにしてみた。物事を常に冷静に見るよう心がけ、何ごとも論理立てて話すことを意識したのだ。

 まだはっきりした結果は出ていない。ただ、日常生活の見直しは、私の趣味にもいい影響を与えている。

 「レ・ミゼラブル」や「ミス・サイゴン」といった劇中歌を歌うのが私は好きだ。思った通りの響きが出せたときのすがすがしさは、何ものにも代え難い。約1年前からボイストレーニングに通い、いつか人前で歌えたらいいなと考えている。

 ところが、先生の前だと体が固まってうまく歌えない。

 歌で納得のいく声が出せるかどうかは、先生のレッスンを受けるときだけでなく、日ごろからの地道な練習が重要だ。でも私は「やらなければ」と思いつつ、何か言い訳を見つけて練習をしない日があった。

 それなのに、先生の前では、無理にうまく歌おうとして、失敗していたのだと思う。

 そこで、スピーチに習い、歌でも普段の自分を変えることにした。地声と裏声の切り替えを繰り返す練習を、少しずつでも、なるべく毎日続けている。

 日常の過ごし方の大切さを学んでいる最中だ。



4<<

>>6

 

(2020年1月15日 15:24)
TOP