タナカ校長の徒然日誌[17]いかに優れた道具でも...

[17]いかに優れた道具でも...

 

 世界陸連が、規制すべきかの議論を重ねていた「厚底シューズ」が条件付きで容認された。使用していた選手もひと安心であろう。マラソンコースの変更もあり、この時期に様々なことが突発的に変わるのは困ったことだ。同じようなことが、これ以上起こらないでほしい。

 確かにスポーツの進歩は道具の進化と共にある。ちなみにわたしは、お神輿(みこし)を担ぐのが好きで、年に何度か担いでいる。お神輿の地下足袋も厚底のものがある。仲間うちでは「エアー」と呼ばれていて、実に担ぎやすい。お神輿を担ぐことがスポーツであるかは別として、道具は人の助けになる。

 そういえば地下足袋。わたしの小学校時代、運動会のかけっこやリレーで速い選手は、地下足袋を使っていた。わたしも道具に頼り地下足袋を親にねだったことがあった。

 当時は、騎馬戦・組体操と、なにかと裸足の競技が多かった記憶がある。かけっこも裸足で走っていた子もいた。そんな中、地下足袋は新兵器であった。地面に対する足の感触は裸足と同じであり、かつ底にはゴムの滑り止めがついている。そのため地面に自分の足の力を直接伝え、蹴ることができた。

 その地下足袋を使った結果はよく覚えていないが、実力相応のものであった。やはり、いかに優れた道具といえども、それを使う人間の実力次第ということだ。

 

[16]<< 一覧

 

田中孝宏 小学校長

1960年千葉県船橋市生まれ。83年4月、小学校教諭に。2011年から現職。「ブラタモリ」にならって「ぶらタナカ」を続けている。職場の仲間や友人を誘って東京近郊の歴史ある地域を歩く。「人々はなぜ、この場所に住むようになったのだろう」と考えると、興味は尽きない。

 

(2020年2月17日 14:05)
TOP