2030 SDGsチャレンジ

じぶんごとからはじめよう

夏休みのSDGs活動 教えてください!~「くらしにSDGs」スタート

「くらしにSDGs特別号」は、SDGs@スクール チャレンジ」の参加校に配布しています

みんなのアクション(活動)募集します!!

 みんなの力でよりよい未来をつくりたい。そんな願いを込めて、読売新聞社は2021年7月から「くらしにSDGs」をスタートしました。SDGsに取り組む学校を応援する「SDGs@スクール チャレンジ」の参加校に配布する「読売SDGs新聞 くらしにSDGs特別号」などを参考に、児童・生徒のみなさんがはじめたSDGsのアクション(活動)を募集します。寄せられたアクションは、読売新聞のサイトや紙面で紹介していきます。SDGsの主役は、未来を担うみなさんです!

 

■募集期間

 7月12日(月)~2022年2月28日(月)

■対象

 小、中、高校生

■テーマ

次の3つの課題から1つを選び、アクションシートに自由に書きましょう。

(1)ごみを減らすには
(2)家庭での役割分担を考えよう
(3)暮らしやすい街をつくるには

シートのダウンロードは>>こちら(A4サイズ/PDF)

※あなたが住む街や日本、地球をどのように変えていきたいか、くわしく教えてください。

※本や新聞、インターネットなどで調べたことを自由に書きましょう。

※地域や家庭で見つけたSDGsの取り組みを、写真や絵で記録してもOKです。

※SDGsの17目標のどれにあてはまるかも調べましょう。目標は一つだけとは限りません。

■応募方法

 アクションシートに必要事項をチェックの上ご応募ください。

【郵送】

宛先:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-8-11 錦町ビルディング7階「くらしにSDGs 事務局」

【応募フォーム】

アクションシートを撮影した画像やPDFファイルも受け付けています。

>>応募フォームはこちら

■結果

 寄せられたアクションは、当ウェブサイトや紙面で紹介予定です。また、応募いただいた全員から抽選で100人に、読売新聞社オリジナルグッズをプレゼントします。グッズは発送をもって発表に代えさせていただきます。

■問い合わせ

 「くらしにSDGs 事務局」

 電話:03-5283-5544(平日10:00~18:00)

 メール:jimukyoku@cpfine.com

先生や保護者の方へ

※1人で複数点の応募ができますが、連名ではなく1シート1人でお願いします。
※応募作品は返却しません。著作権は読売新聞社に帰属します。
※応募に関する個人情報は、本企画の選考・連絡・発表以外には利用しません。
※作品は、読売新聞各媒体での掲載、読売新聞社やプロジェクトパートナー企業のウェブサイト等で発表することがあります。
※学校やクラス単位での応募も歓迎します。学校名・学校住所・電話番号・担当教諭名・担当学年またはクラスを記入の上お送りいただくか、郵送方法などを事務局にご相談ください。

 

>>プロジェクトパートナー企業のご紹介はこちら

 

夏休みから、はじめよう

田中孝宏・読売新聞教育ネットワークアドバイザー

 SDGsの学習には3つの段階があります。(1)知る(2)メッセージを出す(3)参加、応援する──です。

 まずは、17の目標がどんな内容で今どんな現状なのかを調べて、知る事が大事です。「これは大変だ」とか「なんとかしなくちゃ」と思うことがきっとあるはず。なぜなら、みなさんがこれから迎える未来の話だからです。そう、「じぶんごと」なんです。そして、その目標を達成するために自分のできることを考えて実行してみましょう。なんでもいいのです。例えば「ごみを減らすには」に対して、目標12と結び付けて、家のごみの量を調べるのもひとつの方法です。「家庭での役割分担を考えよう」は、目標5です。家庭にどんな仕事があるのかを観察し、分担を決める。「暮らしやすい街をつくるには」では、目標11を意識しましょう。地域の祭りや行事に参加し、だれがどんな役割をしているかもかんさつしてみましょう。

 自分の行動が、メッセージとなって、まわりの人にSDGsを広めてくれるでしょう。ぜひ、この夏は「じぶんごと」とした目標に自分なりのメッセージを出してみてください。


(2021年7月12日 11:20)
TOP