楽しくNIE[14]1面読み比べ 地域あてクイズ 奈良女子大附属中等教育学校(奈良県)

2018年9月11日付の読売新聞朝刊1面。左から関西、北海道、東京で発行されたもの。北海道のトップ記事は北海道地震

やあ、こんにちは。新聞活用学習・NIEのナビゲーター、ヤク先生だよ。きょうは、全国各地の1面記事を読み比べて、どの地域の紙面か当ててもらうクイズに取り組む奈良女子大附属中等教育学校の二田貴広先生の登場だよ。記事を読み比べることで、自然と読解力が身につく取り組みなんだって。


ヤクは、ユーラシア大陸の高地に生息する、ウシの仲間。NIEを通して、これからの社会を生き抜く上で"ヤク"立つ力が子どもたちにつくよう、ヤク先生が応援していきます。

 


 大ニュースが起きた時に実施 

 奈良市の中心部にある奈良女子大附属中等教育学校は、近くにある奈良公園の鹿が、ときどき迷い込んでくるっていう、のどかなところ。この学校で国語を担当する二田貴広先生は、大きなニュースがあると、全国各地の1面記事をいくつかタブレットを使ってみせて、どの地域の1面か当ててもらうクイズを国語を受け持っている2年生に出すんだって。大ニュースなら、どの生徒も興味を持ちやすいからね。

「鹿が入ります 開放厳禁」の看板がユニークな奈良女子大附属中等教育学校の正門前

 

 関西?東京?北海道?中部?西部? 

 例えば、2018年9月11日付の1面を用意してクイズを行ったのは、同月半ば。関西、北海道、東京、中部、西部と5種類の1面を、二田先生が、題字などどの地域で発行されたものかを隠して生徒たちに見せ、「どの1面がどの地域の新聞か当てよう。根拠も出してね」と呼びかけ、クイズがスタート。

タブレットを使って、紙面比較

 

 根拠を示して堂々と発表 

 「北海道地震の後だから、どの新聞にも北海道地震のことが載ってるね・・・」「この記事には『道内』って書いてあるから北海道の紙面じゃないかな・・・?」「この1面だけ関空(関西国際空港)の記事が載っているから関西の紙面じゃない?」。生徒たちは、10分間、グループごとに議論。残りの5分で、各グループの代表が「これが西部の新聞だと判断したのは・・・」と、堂々と根拠を示しながら発表していくんだって。

どの地域の1面か、新聞記事を読み込んで考える生徒たち

 

 コラム読むのは嫌な子も 

 「1面には、その地域の大事な情報が載っている。クイズに正解するには、記事を詳しく読み比べなければならず、自然と文章を読む力がつき、国語力がアップする」と二田先生。このクイズをやると、生徒たちは大盛り上がりで楽しんで取り組むんだって。二田先生によると、新聞活用学習でコラムや記事の読み取りばっかりしていると、嫌になっちゃう生徒も出てくるから、二田先生は、このクイズを大事にしていて、年に数回は行うそうだよ。

図書室入り口には、生徒の目に触れやすいよう各紙の新聞コーナーも

 

二田貴広先生

最初に楽しい経験があれば、生徒たちは自然と取り組みます。この地域あてクイズも楽しい経験。生徒たちは、どんどん記事を読むスピードが速くなっていて、継続する大切さも実感しています。

大ニュースが起きたら、新聞のデータベースを使って全国の1面を引っ張り出して比べる学習、やる価値大だね


[13]<< 記事一覧

(2019年5月23日 15:55)
TOP