日本学生科学賞

1957年にスタートした日本学生科学賞は、中学生、高校生を対象にした歴史と伝統のある日本一の科学コンクールです。2015年の第59回大会でも、身の回りの小さな疑問や不思議の解明、教科書に書かれている学説に対する疑問の解決などについて、個人、もしくは同じ学校の生徒が共同で行った実験・研究・調査などの作品を募集します。学校の課題研究の発表も歓迎。「科学する心」が伝わる研究作品を強く期待します。
第60回日本学生科学賞入賞者決まる(2017年1月31日)

 第60回日本学生科学賞の中央最終審査が2016年12月22~24日に開かれ、内閣総理大臣賞は、中学の部で神戸市立上野中2年・和田匠平君、高校の部では、京都市立塔南高1年・早川優希君に決まった。早川君は前回第59回にも中学の部で内閣総理大臣賞に輝いている。

 

 内閣総理大臣賞の早川君、文部科学大臣賞の西宮君と福満さん、環境大臣賞の国分高サイエンス部2年ツクツク班、全日本科学教育振興委員会賞の青森南高自然科学部天文気象班、科学技術振興機構賞の柳田君の6作品は今年5月に米ロサンゼルスで開かれる国際学生科学技術フェア(ISEF)に参加する。

 

 第60回日本学生科学賞の中央表彰式は12月24日、秋篠宮ご夫妻をお迎えし、東京都江東区の日本科学未来館で開かれた。ご夫妻は、研究の成果を紹介した展示も見て回り、受賞した生徒らの説明に熱心に耳を傾けられていた。

 

内閣総理大臣賞以外の受賞者は次の通り(敬称略)

 

■文部科学大臣賞

▽秋田県由利本荘市立大内中科学部▽福岡県小倉日新館中3、西宮直志 ▽兵庫県立柏原高理科部▽島根県立益田高3、福満和

■環境大臣賞

▽東京都立小石川中等教育学校3、増井真那 ▽鹿児島県立国分高サイエンス部2年ツクツク班

■科学技術政策担当大臣賞

▽新潟県上越市立八千浦中1、竹田琳香 ▽栃木県立栃木高SSHクラブ物理班

■全日本科学教育振興委員会賞

▽福井大学教育学部付属中3、坂本孝義 ▽青森県立青森南高自然科学部天文気象班

■読売新聞社賞

▽岐阜県関市立緑ヶ丘中1、山田駿佑 ▽福岡県自由ケ丘高3、長野咲

■科学技術振興機構賞

▽京都市立近衛中2、近藤真佳 ▽東京都玉川学園高等部1、柳田大我

■日本科学未来館賞

▽千葉県船橋市立若松中2、用松里海 ▽福岡県立明善高物質化学プロジェクトチーム(化学部)

■旭化成賞

▽新潟県長岡市立栖吉中3、佐藤小都里 ▽宮城県仙台第三高2、伊藤柚里

■読売理工学院賞

▽千葉県松戸市立第一中3、森本脩斗 ▽愛媛県立三島高自然科学部

■優秀賞

▽愛知県刈谷市立刈谷南中科学部竹皮班 ▽神奈川県川崎市立長沢中2、鏡味怜 ▽茨城県立並木中等教育学校3、市川尚人 ▽埼玉県ふじみ野市立大井東中科学部▽大分県立大分鶴崎高科学同好会 ▽東京都佼成学園高2、井川恭平▽茨城県茗渓学園高科学部生物班▽福井県立羽水高2、平山勝大

■学校賞

▽千葉市立稲毛高校付属中 ▽静岡県立磐田南高

■指導教諭賞

▽東京都八丈町立富士中、川畑喜照 ▽広島県立府中高、岡本淳平

 

主催=読売新聞社

共催=全日本科学教育振興委員会、科学技術振興機構

後援=内閣府、文部科学省、環境省、特許庁

協賛=旭化成

会報25号に内閣総理大臣賞の2作品について関連記事を紹介しています

TOP