「高校生」のタグ検索結果

検索結果117

(2018年1月15日)

よみトク英語講座 第10回「Sharing economy may revolutionize business(シェアリングエコノミー急成長)」

 今回の話題は、「シェアリングエコノミー」です。空き時間をうまく利用して自家用車でピックアップサービスをする。不在の間、空き部屋となる自宅を民泊として貸し出す。こんなふうに自分の所有物や空き時間などを有効利用できるとしたら、それは提供者、利用者双方にとってリー

続きを読む

(2018年1月 5日)

よみトク小論文講座第10回「図案で伝えるピクトグラム」

 ピクトグラムとは、トイレや非常口のマークなどのように案内や注意などの情報を絵や図を用いて表したもののことです。街中で目にする機会も多く、皆さんにとっても身近なものなのではないでしょうか。今回はこのピクトグラムについて考えながら、課題文の活用法について学んでい

続きを読む

(2017年12月15日)

よみトク英語講座 第9回「Elderly search for connections in society(老後 つながりを求めて)」

 今回の英文は、独居老人が30年前の5倍の約600万人にのぼる現在、一人暮らしの高齢者がシェアハウスや交流会を通してつながりを求める姿を描いた記事が題材です。完全介護型の老人ホームとは違い、自分の生活に自由がありながらも独りではなく誰かが見守ってくれるグループ

続きを読む

(2017年12月 1日)

よみトク小論文講座第9回「教員の働き方改革 探る」

 昨今問題になっている教員の長時間労働に対して、国の委託を受けた県が様々な取り組みをしているようです。皆さんは教育についてどのように考えていますか。今回は、そういった教育について考えていこうと思います。 (代々木ゼミナール国語研究室) 問題はこちら 解答のヒン

続きを読む

(2017年11月15日)

よみトク英語講座 第8回「Address habitual overwork of hospital doctors(研修医 過労自殺相次ぐ)」

 今回の記事は、医師の超過勤務による過労自殺について考えるものです。救急医療や周産期医療(産婦人科)などは特に、医師の24時間体制での献身的な労働によって医療体制が支えられています。しかし、その過酷な労働環境によって、医師としての健全な職務生活が脅かされている

続きを読む

(2017年11月 1日)

よみトク小論文講座第8回「『ジビエ』としての野生動物」

 近年、野生のシカやイノシシを、食肉用の「ジビエ」として活用しようという取り組みが進められています。こうした話題を紹介した記事をもとに、動物に対するイメージをめぐって、小論文の解答としてどのようなことが書けるのか、考えてみたいと思います。 (代々木ゼミナール国

続きを読む

(2017年10月16日)

あなたも腕試し チャレンジ日本語検定

 読売新聞は「日本語検定」に特別協賛しています。検定受検者を応援するこのサイトは、過去問題などに挑戦できる「チャレンジ日本語検定」や、検定の攻略法を教える「ワンポイントアドバイス」など、日本語力をアップさせる内容が満載です。  平成29年度第2回(通算第22回

続きを読む

(2017年10月16日)

よみトク英語講座 第7回「Metal polishers help Tsubame shine again(燕市 「磨き屋のまち」 共同受注 仕事振り分け、職人養成)」

 今回の話題は、新潟県燕市の研磨産業についてです。金属研磨の技術を生かし、「磨き屋のまち」として県内外から研修生を集めるなど、活発化を見せています。そのなかでも、同業者がシンジケートなるものを結成し、共同受注や得意分野ごとの仕事の割り振りでさらに業界が発展して

続きを読む

(2017年10月 2日)

よみトク小論文講座第7回「SNSより生身の対話 『哲学カフェ』の人気」

 「愛とは?」「正義とは?」――抽象的なテーマについて初対面の人同士で議論する「哲学カフェ」の人気が近年高まっているようです。なぜ今哲学が求められているのか、一緒に考えていきましょう。また、「筆者の考えは理解できるんだけど、そこから自分の発想をうまく打ち出せな

続きを読む

(2017年9月15日)

よみトク英語講座 第6回「Schools for drone flying really take off(ドローン教室 盛況)」

 今回の話題は、ドローンについての話題です。ドローンの操縦を学ぶ講座や、ドローンのレースイベントが開催されており、人気が高まっていることがうかがえます。英文自体は難易度の高い単語や構文もほとんどなく、設問についても順序よく読み進めてポイントをおさえていけば十分

続きを読む

(2017年9月 1日)

よみトク小論文講座第6回「子どもにサプリ?」

 近年、子どもへのサプリメントの利用が広がっているそうです。みなさんは、このことについてどのように考えるでしょうか。また、このことからどのような問題点が見つかるでしょうか。今回は、現代社会における育児を取り巻く状況について考えてみましょう。 (代々木ゼミナール

続きを読む

(2017年8月15日)

よみトク英語講座 第5回「Kunimasu trout nearly home after 70 years(クニマス 故郷に帰りマス)」

 今回の話題は、秋田県田沢湖の固有種だったクニマスについてです。田沢湖にのみ生息していたとされるサケ科のクニマス。産業の発達にともない、湖水の変質により1940年頃、絶滅したものと思われていました。それが、田沢湖から約600キロ以上も離れた山梨県の西湖で個体群

続きを読む

(2017年8月 4日)

読売新聞などから226件出題~2017年度大学入試調査

 2017年度大学入試で、読売新聞や英字紙「ジャパン・ニューズ」などの記事が、全国141大学とセンター試験で取り上げられた(短大・大学院含む、2017年7月7日現在)。この調査の結果と分析は、冊子「大学受験は新聞から 2018~2019年度入試対策」(A4判、

続きを読む

(2017年8月 1日)

よみトク小論文講座第5回「会社員の副業 高まる関心」

 副業や兼業など、多様な働き方への関心が高まっています。今回は、働き方をめぐる様々な問題から、これからの働き方を考えてみたいと思います。 (代々木ゼミナール国語研究室) 問題はこちら 解答のヒントはこちら 解答例はこちら 戻る

続きを読む

(2017年7月17日)

よみトク英語講座 第4回「Work style reform influencing firms' recruitment(働き方も社のイメージ)」

 今回の話題は、民間企業で取り組まれている「働き方改革」の実例についてです。近年「従業員が働きやすい職場」を目指して働き方を改善しようとする企業が見られる中、業務内容のスリム化をコンサルティングしているコクヨが、記事の中でいかにして労働時間を短縮するのかを説明

続きを読む

(2017年7月 3日)

よみトク小論文講座第4回「AIで死者が蘇れば」

 もしも、大切な人がAI技術で「蘇る」としたら、あなたはどう感じますか。今回は、AI技術の進化について書かれた記事をもとに、人間とAIの関係について考えていきたいと思います。 (代々木ゼミナール国語研究室) 問題はこちら 解答のヒントはこちら 解答例はこちら

続きを読む

(2017年6月15日)

よみトク英語講座 第3回「Illuminating Buddhism in a high-tech light(テクノと光 法要演出)」

 今回の話題は、福井県のあるお寺で試みられている「テクノ法要」についてです。福井県の照恩寺では、若い頃に照明の仕事やDJ経験のあるご住職の朝倉さんが、光の演出とテクノ音楽という独自の方法で極楽浄土の姿を人々に伝えます。朝倉さんの取り組みは、単に斬新で型破りに見

続きを読む

(2017年6月 1日)

よみトク小論文講座第3回「倫理的(エシカル)消費」

 買い物をするときに値段や品質だけをみて商品を購入する。当たり前のように思われるこうした消費のあり方が、知らず知らずのうちに環境問題や人権問題を引き起こしているとすれば、みなさんはどうするでしょうか。普段の消費行動のあり方を見直し、より良い社会をどのように築く

続きを読む

(2017年5月15日)

よみトク英語講座 第2回「Improve working conditions through joint efforts of labor, management(労使の共同努力で労働条件改善へ)」

 今回の話題は「働き方改革実行計画」についてです。長時間労働や過労死が大きな社会問題となっていることは,みなさんもご存知でしょう。少子高齢化社会を迎えた日本は今後,人手不足が深刻になると考えられています。経済の持続的成長を達成するためには,政労使が協調して労働

続きを読む

(2017年5月 2日)

順大医学部 心臓血管外科・小児外科 医療チーム密着プログラム

チラシ(PDF)のダウンロードは画像をクリック  順天堂大学医学部の心臓血管外科と小児外科が今夏、医師志望の高校生を対象に「早期医療体験プログラム」を行います。早朝から医療チームと行動を共にして、実際の医療現場を体験。手術立ち会いや患者さんとの交流を通じて外

続きを読む

TOP