小中高校での取り組み

ネットワークに参加している小中高校から寄せられた情報を編集し、ユニークな取り組みを紹介します。イベントのお知らせなども掲載しています。
地域で交流 東京・田端中でオープンスクール開催(2017年11月 2日)

 東京都北区立田端中学校(石川俊一郎校長)で10月21日、「第10回田端学びの郷オープンスクール」が開かれ、同校の生徒や保護者が、地域の人たちによる茶道、華道、フラダンスなど20講座で学んだ。同校は、近くの田端小学校、滝野川第四小学校とのファミリー校制度を採っており、地域の人たちに加えて、両校の小学生と中学生の交流も学ぶ行事となっている。


 

 人気の「動物と生命」の講座は、あいにくの雨で校庭が使えなかったが特別教室で開かれ、ヤギの親子やモルモット、パンダマウスなどをじかに触った。また、聴診器を使ってそれぞれの心音を聞くと生徒らは「ヤギでも親子で鼓動の速さが違う」など感想を漏らしていた。

 

東京農工大学の渡辺教授の指導でヤギの心音を聴く生徒ら

 

 東京手描友禅の講座では、友禅作家の太田淑江さんが児童、生徒に指導。木綿のハンカチに描かれた花の絵に赤、青、緑、黄色などの染料を筆につけて慎重に色付けをしていた。

 

 華道講座では、ユキヤナギ、リンドウなどを使い落ち着いた生け花を学ぶ一方、アレンジ生け花の講座では、個性豊かな生け花を楽しんでいた。

 

 福祉の講座では、二人の生徒が視覚障害者との共生を学んだ。実際に視覚障害者の話を聞いた生徒は「社会生活をする上で音が重要であることがわかった。信号のあるところでもキチンと青になってから渡らないと視覚障害者の人は足音につられて動いてしまうので気をつけようと思った」などと話していた。

 

 また、調理教室では、秋らしく団子の料理を作った。中学3年の志村朋香さん(15)は「白玉粉に木綿豆腐、新菊を混ぜで、ゆでたら色がきれいで、おいしかった」と感想を述べた。

 

友禅作家の太田さんに色の調合を習う児童

 

野村ホールディングス「自分の将来とお金の話」×玉川学園高

(2015年4月16日)

春季特別英語セミナー 浦和高×ケンブリッジ大

(2015年4月 9日)

本場のラグビーを伝授 慶應高×ケンブリッジ大

(2015年4月 7日)

「母校でウェディング」 女子聖学院中高

(2015年3月25日)

読売新聞「報道カメラマンの仕事とは」 ×立正大付属立正中

(2015年3月25日)

アスリートが部活動を本格指導 麗澤中・高

(2015年3月19日)

健康的な生活スタイル 同級生に提案 富士見丘中学高等学校

(2015年3月17日)

近畿日本ツーリスト「旅行業界の仕事」×文華女子中学校

(2015年3月16日)

日本生命「わたしの未来設計図」×三鷹市立第四中学校

(2015年3月11日)

戦争報道の前線知る 鴎友学園女子中高(下)

(2015年3月 9日)

「JAL工場見学」×お茶の水女子大付属中学校

(2015年3月 6日)

写真を通じて国際紛争分析 鴎友学園女子中高(上)

(2015年3月 5日)

「イノベートする気概を」順天堂大・天野教授インタビュー(中) ~次代の医療の担い手に望むこと

(2015年1月14日)

天皇陛下の執刀医、天野篤・順天堂大学医学部教授インタビュー(上) ~次代の医療の担い手に望むこと

(2015年1月 8日)

世界を見る目 子どもの目~ミュンヘン日本人国際学校(ドイツ)

(2014年7月 9日)

世界を見る目 子どもの目~トロント補習授業校(カナダ)

(2014年7月 9日)

TOP