大学での取り組み

読売教育ネットワークに参加している大学から寄せられた情報を編集し、ユニークな取り組みや先進的な研究を紹介します。イベントのお知らせなども掲載します。
【参加高校生募集】3/25 慶大医学部 特別講義 「感染症制御の最前線」(2017年2月 8日)
チラシ(PDF)のダウンロードは画像をクリック

慶大医療セミナー第3弾!

慶應義塾大学医学部感染症学教室 岩田敏教授 特別講義

 

今どうなっている? 感染症制御の最前線

~耐性菌制圧への挑戦

 ペニシリンの発見に始まる抗生物質の開発は、多くの人々の命を救ってきました。しかし、抗生物質を使いつづけると出現する耐性菌感染が社会問題化しています。この耐性菌の制御に携わってきた慶應義塾大学医学部感染症学教室の岩田敏教授が2017年3月、医師を目指す高校生を対象にした特別セミナーを行います。耐性菌を実際に観察し、感染症制圧への挑戦を学ぶセミナーです。セミナー後は、臨床実習に進む同大医学部新5年生への白衣式も見学します。

 読売教育ネットワーク参加校の高校生で、医学を強く志す8人を募集します。

 

岩田 敏(いわた さとし)

1952年生まれ、神奈川県出身。慶應義塾大学医学部を卒業後、小児科医として子供たちの診療と保健予防に従事。2010年より慶應義塾大学感染制御センター/感染症学教室教授、2013年より日本感染症学会理事長。

 

<日時>

2017年3月25日(土)

■11:15~12:00 感染症学研究室 見学

■12:00~13:30 岩田敏教授 特別講義

 「今どうなっている? 感染症制御の最前線 ~耐性菌制圧への挑戦」

■14:00~15:30 白衣式見学

 

<場所>

慶應義塾大学医学部 信濃町キャンパス(東京都新宿区)

 

<定員>

8人(1校につき1人)

 

<対象>

読売教育ネットワーク参加校の高校生で、医師を目指す生徒

 

<応募方法>

参加希望者のいる学校は、下記の必要事項を添えて読売教育ネットワーク事務局(ednet@yomiuri.com)までメールでお申し込みください。

 

■メール件名:【慶應大学医学部セミナー申込】

メール記入事項

(1)学校名

(2)担当教諭名、電話番号、メールアドレス

(3)参加希望生徒名と学年

 

 応募締め切りは2017年2月25日(土)。参加人数は1校1名。応募多数の場合は抽選。抽選の結果は事務局から連絡します。希望者が複数いる学校は、学校代表1人の選考をお願いします。

 

<参加確定8校へのお願い>

(1)参加が決まった生徒は、課題文「医師を目指す動機(400文字以内)」の提出をお願いします。岩田教授に読んでいただきます。3月4日(金)までに、読売教育ネットワーク事務局(ednet@yomiuri.com)にメール添付でお送りください。メール件名は【慶應大学課題文】。

 

(2)また下記などを読み、薬剤耐性(AMR)について勉強して講義に参加してください。

>>「薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン 2016-2020」(PDF/外部サイト)

 


<問い合わせ先>

読売教育ネットワーク事務局 Tel:03-3217-1967
 
※慶應義塾大学医学部への連絡はご遠慮ください。

※セミナーの記事と写真は読売新聞や読売教育ネットワーク・サイトに掲載されます。

TOP