大学での取り組み

読売教育ネットワークに参加している大学から寄せられた情報を編集し、ユニークな取り組みや先進的な研究を紹介します。イベントのお知らせなども掲載します。
【イベント】9/8 早期医療体験 報告交流フォーラム[高1向き 8/5締切](2018年7月13日)

外科に関心のある高校1年生の参加者募集!

 心臓手術のエキスパートで天皇陛下の執刀医として知られる天野篤・順天堂大学教授と、iPS細胞を使った世界初の心臓病治療研究で知られる澤芳樹・大阪大学教授とのディスカッションに参加できるフォーラムを9月8日、東京・大手町の読売新聞東京本社で開催します。世界医師会長でもある横倉義武・日本医師会長も参加するこのフォーラムに高校1年生約20人を特別招待します。医師になりたい、外科に関心のある高校1年生の参加をお待ちしています。

 

 当日は、次代の担い手に何が求められるかについて3氏が講演、続いて小グループに分かれて3氏とのディスカッションが行われます。フォーラムは、読売新聞、順天堂医院、大阪大病院が実施する「高校生向け早期医療体験プログラム」(2018年、日本医師会特別協賛)の一環。両病院で手術などを見学して「医師に求められる覚悟」を学んだプログラムOB・OGの医学生と高校生約50人も参加します。

 

(参考)これまでの早期医療体験プログラム

 2017年 >>会報34号 >>動画

 2016年 >>会報21号 >>web記事 >>動画

 2015年 >>会報9号 >>web記事

 

<日時>

9月8日(土)14:30~19:15

 

<場所>

読売新聞東京本社(東京・大手町)

 

<内容>

■フォーラム 14:30~17:15

 ○あいさつ、講演

  横倉義武氏(日本医師会長)

  天野 篤氏(順天堂医院院長、順天堂大学心臓血管外科教授)

  澤 芳樹氏(大阪大学心臓血管外科教授)

 ○グループディスカッション

  3氏およびと早期医療体験OB・OGとの交流ディスカッション

 ○OB・OG医学生の報告

■懇親会 17:30~19:15

 

<申し込み>

お申し込みは>>こちらから

 

※8月5日(日)締め切り。応募多数は抽選、結果は8月中旬までにお知らせします。

※原則として教育ネットワーク参加校の生徒を優先します。

※参加には保護者と担任教諭の承諾が必要です。

※当日の様子は読売新聞紙上やウェブサイト等で紹介され、写真や動画が掲載されます。取材へのご協力をお願いします。

「勇気もらった」女子生徒たちの発見 ~順天堂大・天野篤教授による医療プログラム(4)

(2015年9月24日)

手術からの回復 自分の目で~順天堂大・天野篤教授による医療プログラム(3)

(2015年9月17日)

心揺さぶる小児心臓手術~順天堂大・天野篤教授による医療プログラム(2)

(2015年9月15日)

命預かる覚悟 間近に~順天堂大・天野篤教授による医療プログラム(1)

(2015年9月12日)

世界陸上事前キャンプで通訳ボランティア~順大国際教養学部

(2015年9月 2日)

サッポロビール「酒活」×関東学院大

(2015年7月 6日)

2016年4月 亜細亜大に新学部

(2015年7月 1日)

卒論で女子野球を多角的に分析~フェリス女学院大

(2015年6月 3日)

順大 女子7人制ラグビーチームを多角的にサポート

(2015年5月13日)

長崎大熱帯研「エボラ熱最前線」 8校120人議論白熱

(2015年5月 1日)

サッポロビール「酒活」×明治大学

(2015年4月 6日)

ホスピタリTシャツで「おもてなし」 麗澤大

(2015年4月 3日)

がん研究の志 高校生たちに 慶應大学医学部長が講義

(2015年3月27日)

健康的な生活スタイル 同級生に提案 富士見丘中学高等学校

(2015年3月17日)

医学を志す君へ 3つのメッセージ~天野篤・順天堂大教授インタビュー(下)

(2015年1月20日)

「イノベートする気概を」順天堂大・天野教授インタビュー(中) ~次代の医療の担い手に望むこと

(2015年1月14日)

天皇陛下の執刀医、天野篤・順天堂大学医学部教授インタビュー(上) ~次代の医療の担い手に望むこと

(2015年1月 8日)

TOP