読売出前授業

小中高校生を対象に読売新聞記者らが学校に出向く授業です。社会への関心を高める教材として、教科書で新聞を取り上げるケースが増えています。子どもたちの「読む力」「考える習慣」「コミュニケーション能力」の育成に、出前授業を役立ててください。「新聞を楽しもう」「新聞記者の仕事」から日々のニュースまで、 テーマはご要望に応じます。全国どの地域の学校からも申し込みができます。

 

「読売新聞社の出前授業(学校向け)」の詳しいメニューは>>こちらのページから

 

【動画】「新聞づくりと記事を書くコツ」府中第六中(東京)(2019年3月 7日)

 府中市立府中第六中学校(東京都)で2018年12月14日、記者による出前授業が行われた。講師は、読売新聞教育ネットワーク事務局の岩本洋二・専門委員。同校では生徒たちが校外学習の成果を学校新聞にまとめる予定で、記事の書き方や見出しの重要性などについて、クイズに答える形で楽しみながら学んでいた。

 岩本専門委員が記事作成で最も強調したのが、いちばん伝えたいことを文章の冒頭に書くということ。学校の授業では小説などを例に「起承転結で書く」と教えられるが、岩本専門委員は「記事の場合はまず結論を書く」と伝えた。最後まで読まないと結論がわからず、読者が困るからだという。

 見出し(タイトル)の機能と重要性も指摘した。文字だけがぎっしり詰まった、加工した紙面を見せた岩本専門委員は「何が何だかわからないでしょう」と生徒たちに問いかけた。その上で、見出しと写真を加えた紙面を見せると、一目瞭然。生徒たちからは「オリンピックの記事だ」などと、驚きの喚声があがった。

 生徒たちは、最近夢中になっていることを文章にしたり、記事につける見出しを考えたりするなど、真剣に新聞作りに挑戦していた。

 

■動画でわかる!読売出前授業

 新聞記者が学校で文章の書き方や専門の時事問題を解説する「出前授業」。読売新聞社には、出前の注文が全国各地の数多くの学校から寄せられています。授業はどんな感じで進められているのか。その味わいをご存じではない方向けに、岩本専門委員の授業の一端を動画(2分)にまとめました。

 

 

■読売出前授業についてお問い合わせは、電話03-6739-6985

■お申し込みは>>こちらのページから

記事 考えるきっかけに 宮城・気仙沼高で出前授業

(2018年8月26日)

情報整理し新聞作り 聖徳学園小で出前授業

(2018年8月26日)

若者は投票に行って 本紙専門委員 川越女子高で出前授業

(2017年9月22日)

早大で新聞使い主権者教育

(2016年6月20日)

主権者の心構え解説 川越女子高で鈴木専門委員

(2016年6月17日)

体育館で170人がまわしよみ新聞 埼玉・春日部市立豊野中1年

(2016年5月10日)

城西大で新聞制作技術を講義

(2016年4月26日)

「18歳選挙権」羽衣学園高校

(2016年2月 1日)

都立大田桜台高校、京都学園高校で18歳選挙権出前授業

(2016年1月27日)

元国際部記者が「新聞の読み方」指南 東京・桐朋中高

(2016年1月27日)

本紙記者が出前授業 選挙のルールなど学ぶ

(2016年1月 8日)

「就活」に役立つ新聞の読み方 読売新聞×日本文化大

(2016年1月 8日)

「コミュニティ作りのきっかけに」YC所長がまわしよみ新聞

(2015年10月22日)

知らない者同士も盛りあがる 東京で「まわしよみ新聞」

(2015年8月 6日)

18歳選挙権なぜ導入? 記者が出前授業  

(2015年8月 3日)

英字新聞の読み方を解説 読売新聞×相模女子大高等部

(2015年6月 9日)

「新聞記者になろう」~読売新聞×杉並区立高井戸第三小

(2015年6月 3日)

TOP