企業による教育支援

ネットワークに参加している企業から寄せられた情報を編集し、さまざまな教育貢献の取り組みやイベント情報などを掲載します。
上智大で「就活セミナー」 リクルートキャリアと読売新聞(2017年8月 7日)

 リクルートキャリアと読売新聞が主催して、上智大学(東京・四谷)で7月12日、「自己分析&企業研究セミナー」を実施した。来年、就職活動を控える3年生を中心に52人の学生が参加した。


 「5年後、どんな社会人になりたいですか」。就職アドバイザーの江口未来さんが問いかける。自分の志向や経験を振り返り、仕事選びにどのように関連づけるかを考え、学生同士で話し合った。また、AIなどの普及で20年後には今の半数の仕事がなくなるという研究を紹介し、「ピンチではなく、より創造的な仕事ができるチャンスと考えることが大切」と話した。


 続いて読売新聞記者が新聞を短時間で効率的に読む方法を伝授した。多様なニュースや情報に触れ続けることは、「社会」を知るばかりでなく「自分」の分析につながるという解説に続いて、当日の朝刊から関心を持ったニュースを発表し合った。災害や事故、スポーツや熱中症の話題など選んだ記事は様々で、そこに個性が出るという説明に学生たちはうなずいていた。


 同社からは同大学出身の採用担当者も登壇した。会社選びは「憧れ」が出発点でも、仕事に自分を合わせて行けばいい、仕事を通じて社会に貢献できることがやりがいになると後輩たちにアドバイスをした。企業側が学生に期待しているポイントなども話した。


 学生からは、「先輩に新聞は読んどけよと言われたが、しっかり読もうと思った」「社会に対する興味が自分には不足していると感じた」「これから記事のスクラップをしたい」などの声が寄せられた。

南極で働くということ~NECネッツエスアイ×横浜市立南高附属中

(2015年8月28日)

文京学院大女子高が丸紅訪問

(2015年8月26日)

三田国際学園高校が三菱東京UFJ訪問

(2015年8月21日)

授業での新聞活用 学ぶ~玉川大学教員免許状更新講習

(2015年8月19日)

日本生命出前授業がキッズデザイン賞受賞

(2015年8月10日)

自分だけの新聞作りに挑戦~夏休み親子新聞教室

(2015年8月 7日)

NECネッツエスアイ「南極を知ろう!」 不思議な氷に歓声

(2015年8月 5日)

日本科学協会「もしも地球が立方体だったら」×晃華学園

(2015年8月 4日)

情報処理推進機構「情報モラルと情報セキュリティ教室」 ×魚沼市立堀之内中

(2015年7月31日)

三菱東京UFJ銀行「金融経済・銀行の仕組みを学ぶ」×都立南多摩中等教育学校

(2015年7月21日)

江崎グリコ「噛むって大切!」×大阪市立桃陽小学校

(2015年7月21日)

サッポロビール「酒活」×関東学院大

(2015年7月 6日)

第一生命、野村HDが出前授業 ~千葉私立中学進学フェア

(2015年6月24日)

情報処理推進機構「ネットは善?悪?」 ×都立農芸高

(2015年6月19日)

丸紅「高校生のための『総合商社』講座」 ×三浦学苑高

(2015年6月18日)

野村ホールディングス「自分の将来とお金の話」×相模女子大学高

(2015年6月16日)

日本科学協会「もしも地球が立方体だったら」 ×田園調布学園

(2015年6月11日)

英字新聞の読み方を解説 読売新聞×相模女子大高等部

(2015年6月 9日)

第一生命保険「生涯設計のススメ」 ×都立雪谷高

(2015年6月 8日)

「新聞記者になろう」~読売新聞×杉並区立高井戸第三小

(2015年6月 3日)

TOP