キャンパス・スコープ

読売新聞社は大学生と共同で、タブロイド判の学生新聞「キャンパス・スコープ」を、4月と10月に発行しています。部数は学生新聞としては最大級の10万部で、全国の大学や高校に届けています。就職活動に役立つ情報を満載した「キャンパス・スコープ就活増刊号」も秋に発行しています。
キャンパススコープ39号が始動!(2016年12月15日)

 キャンパススコープ39号がいよいよ始動しました。総勢26人のスタートです。うち22人が1、2年生とメンバー一新の感があります。2016年も残すところ一か月を切りましたが、39号の制作は始まったばかりです!

 

 まずは、新メンバーたちは二人一組で「今、熱中していること」をテーマに模擬取材を練習。これは編集部も広告部も一緒になって取り組みました。お互いにインタビューをし合ってメモをとりながらどんな記事を書こうか考えます。話を深めるためには、質問の仕方を工夫することが大切だと分かりました。

 

 すでに会議は3回を数えますが、編集部では、一人一人の企画案に関して、班に分かれて意見を出し合い各自の企画を練っています。「個人戦」となりがちな記事執筆も、より良い記事を作り上げていくために、キャンスコでは部員同士が助け合って進めます。

 

 広告部では、社員の方から新規部員の課題作文の講評と、広告の企画案に対するフィードバックをいただくなどした上で、営業活動に動いています。

 

 これからますます寒さも厳しくなりますが、キャンスコ部員は熱い心で頑張っていきます!

TOP